株式会社住宅ポイント
家主の想いに最も近い賃貸管理

株式会社住宅ポイントの概要

住宅ポイントの目的


株式会社住宅ポイントでは、自らも賃貸物件を保有し管理しておりますので、家主の想いに最も近い考えを持ち賃貸管理をさせていただいております。
賃貸管理は契約すれば終わりではなく、入居者募集に始まり、契約、管理、解約と長期に渡り家主様と管理会社は共存することになります。
また、家主様にあたっては長期間に渡り賃貸経営をして行くことになりますので、少しでも手間や不安をなくして安定した運営をしたいと思うのが当然でしょう。
住宅ポイントでは、自社物件を保有し管理してきた今までの管理のノウハウを活かし、このような家主様の想いを理解し解消することを目的として運営しております。

住宅ポイントの管理費


新規契約時賃料の1ヶ月分
家賃管理費3%

新規更新管理のみの依頼ですと、新規の契約時に家賃1ヶ月分の管理業務登録手数料と更新時にお手数料をいただくことになりますが、月々の費用は発生せず経済的ではあります。
毎月の家賃管理は自主管理となりますので、とにかく客付けだけお願いしたいという家主様向けです。
家賃管理の依頼ですと、新規と更新時のお手数料に併せて毎月総家賃の3%がお手数料となります。
毎月の家賃入金は気にすることなく全てを弊社へお任せいただくことになります。
住宅ポイントでは、この2つのパターンのみの取り扱いとなっておりますが、家主様1人1人のご希望に合わせて柔軟な対応を取っておりますので、お気軽にご相談下さい。

住宅ポイントを使うメリット


弊社へ管理をお任せいただくことにより、入居者が中々決まらない不安、入居者からのクレーム対応、毎月の家賃入金確認、滞納家賃の督促、墳雑な更新作業、話し合いが大変な退去立ち会いなど、賃貸経営において面倒だと思うことは全て弊社にて対応させていただきますので、こういった煩わしい想いから解放されます。
また、賃貸経営の多くの作業をカバーすることができますので、空いた時間で趣味などをお楽しみいただいている方もいらっしゃいますし、資産拡大のための行動を起こされている方もいらっしゃいます。
家賃管理を依頼することに対するデメリットとしては、費用が発生するということになりますが、新規契約時はどの不動産業者に依頼したとしても発生しますし、3%で毎日の時間とストレスの解消ができると思っていただければ幸いです。
なお、入居者入れ替わり時の原状回復工事では、次の入居者が決まりやすいリフォームを極限まで安価でご提案させていただきます。

up

住宅ポイントのこだわり



囲い込み禁止


不動産業者の多くが自社の利益を最大化させる為に囲い込みを行います。
囲い込みとは、家主様から預かった物件を不動産業者間の流通サイトへ掲載せずに自社のホームページやポータルサイトなど一般消費者向けにしか情報を発信しない行為を言います。
「ちゃんと広告しているのに何が問題なんだ?」と言う声が聞こえてきそうですが、これをしてしまうと募集を依頼した業者以外に情報が行きわたらないことになるので、大きな機会損失になってしまっているのです。
例えば、業者間の流通サイトへ掲載すれば、他業者が抱える顧客へ情報が行きわたりますが、一般消費者向けにしか情報を開示しなかった場合は、消費者自らが探し出さなければ目にすることがないのです。
ですから、囲い込みの物件を2ヶ月で決めたとするなら、囲い込みをしなかった場合は1ヶ月とかからない可能性もあるということなんですね。
こういった囲い込み行為は、媒介契約の種類に関わらず住宅ポイントでは一切行っておりません。
あくまでも、自社の最大利益追求ではなく家主様の最大利益確保を念頭に置いております。

また、多くの業者が自社で扱う物件を他社が一般消費者向けのサイトへ転載することを嫌いますが、住宅ポイントでは全ての物件に付いて転載することを許可しています。
住宅ポイントでは、家主様からお預かりしている物件を消費者が少しでも目にする機会が増えることを重要視しています。


掲載写真の撮影


現在の広告はインターネットを通じて行うのが主流となっていますが、業者に対しても消費者に対しても重要となってくるのは正確な情報と良い印象を与える写真の発信です。
中でも消費者に対して最も重要なのが室内写真や外観写真になります。
残念ながら、この写真の印象が悪ければ詳細すら開かれません。
消費者の行動としては、ポータルサイトなどで条件検索し、一覧表示された物件群の中から印象に残った物件の詳細を開き、気になったらお問合せという流れです。
まずは、詳細を開いてもらわないことにはお問合せすらこないということになります。

住宅ポイントではネット掲載に使う写真を撮影する際には3つのこだわりを持っています。
1.一眼レフカメラ
2.超広角レンズ
3.光の調整

一眼レフカメラ
一眼レフカメラは、デジタルカメラとは違い高画質にキメの細かい写真に仕上げることができ、そこに超広角レンズを使うことで空間の表現力をアップさせ、光の調整で明るさを調整しています。
基本的には人工的な光を使うのではなく、自然光を利用し室内を明るく清潔に見せるよう心掛けています。
また、ただ撮影するだけでなく、その写真で何を伝えたいのかを明確に意図を持って撮影しているのです。
リビングを撮影するなら、ただリビングを撮るのではなく、撮る角度や高さ・場所を変えリビングがゆったり広々とした空間になるように撮影をしています。
お風呂デジタルカメラで撮影
お風呂住宅ポイントの一眼レフカメラで撮影

通常のデジタルカメラでは写り切らなかった窓を入れることで広々とした空間を表現できていると思います。
また、お風呂は北側にあり日当たりは良くありませんが、少しだけ光は入って来ていたので、光を増殖させ通常よりも少し明るく表現することで明るく清潔感が増したお風呂を印象付けることができると思います。
この様に、写真1枚にこだわりサイト掲載することで、より多くの消費者に興味を持ってもらうことができるのです。


再生リフォーム


住宅ポイントのリフォームは、綺麗にするだけでなく古い物を活かし再生させデザイン性を持たせて建物やお部屋の付加価値を高めることができます。
家主様の大切な資産を切り崩しリフォームをする訳ですから、ただ単純に原状回復を行うのではなく低予算で再生させ資産価値の向上を図ることを念頭においております。
もちろん、家主様の意見を尊重していますので、「万人受けする物を」と希望される方には通常のリフォームを取り入れています。

住宅ポイントの再生リフォームとはどういった物なのか、実際に戸建を再生させた時のBeforeAfterの写真で見比べてみて下さい。
特徴としては、白に統一するだけでなくアクセントの色調も使い、古い物は古いまま活かすことにより、低予算でデザイン性の高いお部屋に仕上げることができます。
なお、この戸建は少し都心部から離れた立地でしたので、賃貸では中々見かけない琉球風畳にも挑戦しています。
そのおかげか、すぐに入居者が現れ半年経った後でも過去の資料を見てお問合せがくるほど人気物件となりました。

和室Before 和室After
こちらの和室は、右側と正面には白いクロスを貼り、左側にはアクセントクロスとアクセント襖でメリハリをつけ、畳は半畳縁なしの琉球風畳を利用。

リビングBefore リビングAfter
リビングは比較的綺麗な状態でしたので、汚れが目立っていたドア側のクロスのみアクセントクロスに貼替え。

キッチンBefore キッチンAfter
キッチンはBeforeの写真が退去前に撮った写真なので生活感出ていますが、ガスコンロの新規交換とキッチンの扉に木目調のシートを貼っただけです。
シートを貼っただけですがキッチンごと交換したように見えますね。
ガスコンロはガス会社からの提供ですので、これでリフォーム費用3万円程度です。

洗面台Before 洗面台After
洗面台も交換したように見えますが、扉にシートを貼り水栓をシングルシャワーに変えただけになります。

和室Before 和室After
和室を洋室に変えた例です。
床は汚れたり傷付いた部分のみを張替えることができるフロアタイルにし、天井と壁のクロスを貼替え、襖と板の間だったエリアにはアクセントクロス。

外観Before 外観After
木や草が生い茂っていた庭を簡易的な駐車スペースに再生しました。
剪定することにより、狭く感じていた庭が広々とした空間に生まれ変わり、駐車スペースとして貸し出すことができるようになったので、賃料のアップにもつながりました。

入居者の退去後には必ずリフォーム費用が発生してきますが、同じお金を支払うのであればデザイン性をアップさせたり古い物を上手く利用することにより、付加価値を高めることができるようになります。
少しの予算と少しの工夫で大きな成果を上げることができるのが住宅ポイントの再生リフォームです。
この再生リフォームは、ご希望の家主様のみに実施させていただいております。

他の再生リフォーム事例もあります。
築古戸建を遊び心溢れるデザイン再生


良くあるご質問


質問

1部屋だけでも管理を依頼することは可能ですか?


 

質問住宅ポイント

はい、大丈夫です。弊社にご依頼いただいている家主様の中には1部屋からの管理を依頼されている方もいらっしゃいます。


喜んでお受けいたしますので、お気軽にご依頼下さい。


 

質問

賃貸管理にかかる費用は?


 

質問住宅ポイント

基本的には新規契約時に賃料の1カ月分になります。家賃管理も依頼されるのであれば毎月賃料と管理費総額の3%となっております。


最近では家賃滞納も多くなっていますので家賃管理まで依頼することをお勧め致します。


 

質問

現在、家賃滞納をしている入居者がいるがそういった問題にも相談に乗っていただけますか?


 

質問住宅ポイント

もちろん可能となっています。家賃滞納に限らず不良入居者やクレームをやたらと付けてくる入居者への対応などもさせていただいております。


 

質問

定期的な清掃や入居者入れ替え時のリフォームなどの相談にも乗ってもらえますか?


 

質問住宅ポイント

定期清掃も対応可能です。お見積りを出させていただきますので、お気軽にお問合せ下さい。


また、入居者入れ替わり時のリフォームに関しては、入居者が早く決まりやすいリフォーム提案などもさせていただきます。


もちろん、リフォーム費用も極力抑えた提案です。

家主様の声

横浜市のアパートと区分マンションオーナー

楽をさせてもらっています。 家賃の管理から退去の精算、入居の募集・契約と全てを丸投げしている状態です。 確かにアパート1棟と区分マンションの1室を所有していますが、持っていない状態と同じですね。 入居者からのクレームやトラブルも全て住宅ポイント経由ですので、解決策を既に提案してくる状態で連絡をいただけるのが助かっています。 何も考える必要がないのですから。 賃貸経営以外にも仕事をしているので、時間をいかに本業に使うことができるのか、ということに重点を置き管理を全て任せることにしたのですが正解でした。 現在、賃貸経営で行っていることと言えば住宅ポイントから振り込まれてくる家賃の確認だけです。 最初は、店舗のある場所が少し離れているので不安もありましたが、実際にお願いしてみると何の問題もありませんでした。 今後も楽させてもらいますね。

自宅の戸建を賃貸へ貸し出したオーナー

新しく自宅用にマンションを購入したのですが、自宅として使っていた戸建を貸し出すか売りにだすか迷っていたのですが、住宅ポイントの担当者から「今売りに出しても土地値にしかならないが、建物はまだ充分に利用できるので貸し出すべき、10年後に売っても土地値ですから」とのアドバイスがあり貸し出すことにしました。 今では、このアドバイスを聞いていて正解だったと確信しております。 35年前に購入した時点での金額の3分の1を既に回収済み、今後も貸し続ければ苦労してローンを35年間払い続けていた分が取り戻せそうです。 家賃は自分で管理していますが、滞納があった時には連絡すれば督促もしてもらえますし、室内のトラブルがあった際は、すぐに対応していだけるので助かっています。 頼りになる管理会社です。

大田区南六郷の戸建オーナー

購入した戸建の入居者募集を住宅ポイントさんへお願いしましたが、まだまだ中が荒れている状態でも内見者を連れてきていただきリフォームが終わる前に入居者が決まり正直驚きました。 申込み後もお任せ状態で私は何もせずに、住宅ポイントで入居者との契約が行われて終了後に訪問していただき捺印をしただけです。 初めて賃貸物件を所有したので右も左も分からない状態でしたが、何の不安もなく契約入居まで持っていっていただけました。 入居後はガス給湯器などのトラブルがありましたが、即時対応していただき助かりました。 その後は、何の問題もなくお住まいいただいていますが、また退去になった場合はお願いしようと思っています。

最新記事

お客様の声

お客様の紹介によりご来店

お客様の紹介によりご来店

知人の紹介で来店しました! お店も良く非常に丁寧な対応をしていただきました! 契約も早急に対応してもらえてよかったです。

ホームページからのご来店

ホームページからのご来店

担当者さんがとても良かったです。(わがままを言ってしまってスイマセン) お店は普通で綺麗にしてるなという印象でした。 親身になってくれて助かりました。 不満なし!!

ホームページを見てご来店

ホームページを見てご来店

ホームページを見て来店しました。 担当者さんが丁寧な対応で助かりました。 対応が早く良い提案も多く良かったです。 営業事務さんがいるともっと良いですね。

住宅ポイント代表からの挨拶


代表私たち株式会社住宅ポイントは、東京都目黒区の学芸大学駅にある小さな賃貸専門の不動産屋さんです。
設立は2007年とまだまだ若い会社ですが、多くの家主様や入居者様、不動産業者からご支持をいただき現在まで営業を続けさせていただいております。

立場が違えば考えも違う。
これは当たり前のことなのですが、家主様と不動産業者というのは、まさにこの言葉通りだと設立当初から感じておりました。
多くの不動産業者は、家主様が持っている不動産を貸すお手伝いをして利益を得ます。

しかし、その裏には家主様の大切に使ってもらえる人に貸したい、経営として運営しているので少しでも高く貸したいという気持ちがあるということを、ほとんどの不動産業者は考えていません。
不動産業者は、なるべく早く契約に結びつけ利益を得たいという考えがあるので、当然と言えば当然ですね。

例えば、入居希望者から賃料の交渉が5,000円入ったとしても、不動産業者としては契約成立が最優先なので入居希望者の希望額になるべく近づけようと交渉を家主様にしてくるはずです。
賃料が安くなったとしても不動産業者としては手数料が数千円減るだけですから、大きな損害はなく利益を確実に確保できるからです。
中には、家主様から指示されている賃料を勝手に下げて募集をしている不動産業者も存在します。

こういった現実に対して私たちは、疑問を感じずにはいられませんでした。
そこで家主様の気持ちを完全に理解するには、同じ立場に立つことだという考えに行きついたのです。
幸い無駄なお金を使わず会社にお金を残していたおかげで賃貸投資物件を購入することができ、晴れて賃貸物件を社内保有することができました。

家主という立場に立った時に感じたことは、空室期間の不安、賃料下落の不安、修繕や突発的な出費への不安です。
正直、家主業というのは不安だらけなんだと実感することができました。
良い入居者に入ってもらいたい、賃料を少しでも高く取りたいという考えも確かに大切ではあるが、もっと大切であり重要なことがある。
そう思い知らされました。

・保有する賃貸物件の空室率を低く抑えるにはどうするべきなのか。
・賃料の下落率を少しでも緩やかにするにはどうするべきなのか。
・修繕や突発的な出費への対策はどうするべきなのか。

これら以外にも不安は多くありますが、いかにこれらの不安を小さくするかを日々考え実践してきました。
そして多くのことを体験し学び改善し、それぞれの不安に対する対策を施し、それぞれの不安をほぼ無くすことに成功しました。

賃貸物件を保有し、家主の立場に立ち、不安を解消することをひたすら考え抜くことで、最も家主の想いに近い賃貸管理ができると感じることができるようになりました。

賃貸物件があるエリアや建物の状態などにより、対策はそれぞれ違ってきますが、必ず対応策はあるものです。
そのノウハウを現在空室や賃料下落などで悩んでいる家主様に提供したいという想いから、こういった家主様主体のホームページを作ることに至りました。
家主の想いに最も近い賃貸管理で、これからもより多くの家主様のお役に立つことができれば幸いです。
家主様の立場に立ち何が最も重要なのかを理解し、募集から退去までのアドバイス・対策の施しまでサポートさせていただきます。

株式会社住宅ポイント 代表取締役 岡田拓也