修善寺

中伊豆の修善寺温泉と湯ヶ島温泉

伊豆の中心部にあたる修善寺温泉と湯ヶ島温泉の観光スポットを巡って来ました。

大人は多くの方が温泉好きでしょうけど、子供だって温泉が好きな子はいるものです。

特にうちの子は、足湯が好きですね。

旅行に行くと様々なところで足湯がありますが、見かけると必ず入ります。

 

独鈷の湯

修善寺の足湯と言えば独鈷の湯。

独鈷の湯

川に突き出たような状態になっているので、川を真横に見ながら足湯を楽しめます。

ちょうど対岸から写真を撮っている時に外個人の方が水着を着て肩まで浸かってしまっていましたが、現在は足湯専用となっていますので注意ですね。

誰か教えてあげたのでしょうか・・・

 

竹林の小径

心を落ち着かせてくれる竹林。

竹林の小径

竹林が続く小径なのですが、数百メートルですぐに終わってしまうのが残念。

真ん中には竹で作った丸い椅子がありますので、そこでゆったりと過ごすのも良いですね。

ただし、比較的空いている平日でも時間帯によっては写真のように混み合うことも。

竹林の小径

人がいなくなると聞こえてくるのは風で揺られた竹の葉の音。

竹林の小径

桂川にかかる橋は恋愛成就のパワースポットと言われているようですね。

修善寺周辺に5つの橋があり、それぞれに願掛けをしながら渡るのだとか。

桂川の橋

桂川沿いには古くから営んでいる老舗旅館がちらほら。

どこも高級旅館になりますので、1人1泊数万円からですかね。

橋からの眺め

川沿いにはこんなに雰囲気が良い場所もあります。

浴衣を着てお散歩も良いですね。

桂川沿い

 

指月殿

指月殿に続く小径も風情があります。

指月殿に続く小径

石畳の道路が良い味だしてますね。

かなり年季の入った建物ですが、最古の木造建造物のようです。

指月殿

指月殿の中にはお釈迦さまが祀られています。

指月殿

 

おしゃぶり婆さん

あまり知られていないおしゃぶり婆さんの石像です。

おしゃぶり婆さん

指月殿の横にある頼家の供養碑の裏手から山に登る道があるのですが、そこから300メートルほど登ったところにある石像で、子供の健康や子宝に恵まれるのだとか。

10分くらいのハイキング程度ですが、起伏が激しいのでそれなりの覚悟で行きましょう。

私たちが行ったときには誰にも会いませんでした。

 

義経の像

おしゃぶり婆さんから更に登ると義経の像があります。

義経の像

何とも力強い姿です。

 

修善寺

修善寺温泉を代表するお寺です。

修善寺

修善寺温泉の中心部に位置し独鈷の湯のすぐ近くにあります。

境内はきれいに管理されており、訪れる観光客もかなり多いですね。

観光バスが到着すると、まずここに来るのかも知れません。

修善寺

迫力のあるお寺です。

修善寺

入口付近には鐘があり、これもかなりの迫力。

イタズラで鳴らしてしまう人がいるのか、鐘を鳴らすことは禁ずとの文字がありました;

修善寺

息子も一緒に並んでいます。

真似をしたかったのだとか。

修善寺

 

日枝神社

修善寺のすぐ隣にある神社です。

日枝神社

日枝神社の境内には杉が何本も生えており、その大きさは目を見はるものがあります。

日枝神社

子宝の杉。

これを渡ると子宝に恵まれるとか。

日枝神社

 

出会い橋

修善寺から少し離れますが湯ヶ島温泉にある出会い橋。

出会い橋

2又になった川と川の間を繋ぐ2本の橋の間にこのモニュメントがあります。

男橋と女橋があり、それぞれに渡り真ん中で出会う人が運命の人とありますが、人はほとんどいませんでした^^

出会い橋

橋から川を眺めると川に面してこたつがある旅館を発見。

調べてみると湯ヶ島温泉のたつたという旅館のようですね。

川床の食事処となっているようですが、残念ならが子供は不可とのこと。

出会い橋

 

浄蓮の滝

湯ヶ島温泉から更に南下したところにある浄蓮の滝です。

浄蓮の滝

駐車場からは5分ほど急な階段を下ることになります。

辺りには水が落ちる音が響き渡りゴーっとすごい音がしており、それ以外の音はほとんどありません。

浄蓮の滝

浄蓮の滝は雄大な滝です。

浄蓮の滝

滝の反対側には、わさび田が広がっています。

わさび田

横の川は釣り場になっていてアユが釣れるようですね。

釣れない人も大丈夫です。

お店ではアユの塩焼きが用意されていますから^^

息子も喜んで食べていました。

アユの塩焼き

 

旧天城トンネル

浄蓮の滝から更に南下したところにある旧天城トンネルです。

旧天城トンネル

今はあまり使われることもなく観光スポットになっているようです。

旧天城トンネル

トンネル内は車がすれ違うことはできず途中で車が来るとバックするしかないようですね。

旧天城トンネル

中は真っ暗で点々とあるライトのみ。

旧天城トンネル

写真では明るく見えますが実際には真っ暗ですので、怖がりな人は入るのに勇気がいるかも知れません。

 

湯ヶ島温泉

宿泊は湯ヶ島温泉のホテルです。

ホテル

息子は遊び疲れて爆睡中。

ホテル

かけ流しではありませんが温泉が部屋まで来ています。

ホテル

目の前は川になっていて川のせせらぎを聞きながら露天風呂からに浸かることができました。

ホテル

温泉は無色透明で修善寺温泉と変わらない感じでしたが、疲れやストレスの発散には温泉が一番ですね。

水の流れや音、緑を見ながら過ごす時間はとても大切だと再認識した旅になりました。

 

旅行をしたので、番外編として中伊豆を記事にしてみましたが、今後も子供が遊べる施設や場所の情報を提供して行きたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注意事項

空き家活用ナビでは【収入云々ではなく空き家を何とかしたい】という家主のためのメディアです。

【空き家を活用して大きく儲けてやりたい】と考えている家主は対象外になりますので、ご注意下さい。

Pick up!

  1. 地方の空き家
    全国的に空き家は増加傾向だと言うことは、今までに説明した通りですが、都道府県別に見るとさらに詳しいこ…
  2. 将来の空き家問題
    日本全国に空き家は存在しており、都市部においてもその状況は地方に比べて小さいかも知れませんが存在はし…
  3. よこはま動物園ズーラシア
    子供にとって動物園は、普段見ることができない生き物と触れ合うことができる唯一の場所ですが、動物園は動…
  4. 朽ちる空き家
    以前の記事である、空家実態調査から読み解く空き家活用の真実では、空き家の実態をお話ししてきました。…
  5. 夕焼け
    空き家が日々増加して行く中、国や自治体もただただ黙って見ている訳ではなく、既存法律の建築基準法や条例…
PAGE TOP