地方の街並み

人口流出と高齢化が戸建てと賃貸住宅の空き家を作り出す

人口の流出や高齢化という問題に直面しているのは主に地方ですが、首都圏でも地域によっては同じように人口流出や高齢化の問題にはさらされています。

こういった問題により、空き家となる多くの建物が戸建てと賃貸住宅です。

 

地方都市における人口の流出は止まるどころか勢いを増している傾向ですので、このまま流出が続くと地方の過疎化は免れないでしょう。

流出した人口は、どこに向かうのかというと、東京23区や札幌市、福岡市を始め、川崎市や横浜市といったエリアへ流れ込んでいます。

人口減少による仕事の減少が、さらに人口流出を招くこととなり地方では、こういった悪循環になっているのです。

今後、勝ち組地域と負け組地域の2極化は、さらに強まって来ることは間違いありません。

 

高齢化は日本全国で見られますが、人口流出により地方では高齢者の割合が上記に上げたような地域に比べて高くなっており、高齢化の局地化も今後は進んでいく可能性があります。

また、地方地域では多くの高齢者が戸建てに住んでいるということもあり、戸建ての空き家が多くなっていくことが予想されます。

地方の人口流出により賃貸住宅の空き家が多くなり、高齢化により戸建ての空き家が多くなるという構図が出来上がっているのです。

 

戸建てが空き家となる経緯は、自らが居住していたが転居したり、親や親族が居住していたが老人施設などへの転居や死亡により相続をしたものの居住していないという理由が多く。

賃貸住宅が空き家となる経緯は、当然のことながら、入居していた借主が何らかの理由で転居したが、不景気だったり、建物や設備が古かったりして次の入居者が決まらないという理由が多くなっています。

また、賃貸住宅の空き家の中には、次の入居者を探すための募集すらしていない空き家もあるようで、募集の為のリフォームやクリーニングなどが終わっていないからという理由が多いようです。

 

これらの戸建てや賃貸住宅の空き家の全てがただ単純に放置されている訳ではなく、人は住んでいないが倉庫として利用していたり、将来的な建て替えのために空き家としていたりと、活用をすでにしていたり、今後は空き家のある土地を活用する予定であるという考えも多くあるようです。

 

空き家が増加している原因が、人口の流出や高齢化だとすれば、それらを止めない限り空き家は増え続けることになります。

高齢化は止められないにしても、人口流出に関しては地域住民の取り組みや行政の移住制度導入など人口流入を図る政策により、少しでも流出を防いだり、流入を促したりすることができるのではないでしょうか。

それには、現在ある空き家をどう活かすのかが重要になってきそうです。

 

地方自治体で行われている移住制度の一環として、空き家を借り上げて自治体でリフォームし移住者に安く貸すなどを行っている地域もあるようです。

こういったことを自治体任せだけではなく、地域が一体となり行動を起こすことで大きな力となるのではないでしょうか。

 

人口流出や高齢化はまったなしで進んでいます。

いかに早く対策を実行するかが、今後のその地域の将来を大きく左右することは言うまでもないでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注意事項

空き家活用ナビでは【収入云々ではなく空き家を何とかしたい】という家主のためのメディアです。

【空き家を活用して大きく儲けてやりたい】と考えている家主は対象外になりますので、ご注意下さい。

Pick up!

  1. DIY賃貸
    空き家の中には、少し掃除すれば人が住めるようになる建物から、ボロボロで廃墟のようになってしまっており…
  2. 将来の空き家問題
    日本全国に空き家は存在しており、都市部においてもその状況は地方に比べて小さいかも知れませんが存在はし…
  3. 地方の街並み
    人口の流出や高齢化という問題に直面しているのは主に地方ですが、首都圏でも地域によっては同じように人口…
  4. DIY洗面リフォーム
    空き家活用ナビでリフォーム中の千葉県にある戸建の洗面台をDIYリフォームしてみましたので、そのリフォ…
  5. 空き家に取り組むべき組織
    空き家は年々増加傾向にありますが、今後もその流れは変わることはないでしょう。空き家の主な原因とし…
PAGE TOP