夕日

空き家でも火災保険に加入すべき理由

人が住んでいないから火災保険には加入しないという考え方が、実は間違っているということは知っていますか?

確かに人が住んでいなければ、住んでいる人に対する被害はゼロに等しいので、その部分で言うと加入する意味はありません。

しかし、その他に付いては話しは別です。

 

そもそも火災保険というのは簡単に言ってしまうと、建物が災害に巻き込まれたりした場合に対して、建物を建て直すための費用や災害に合ってから通常の生活をできるようになるまでの一時費用として賄われるものです。

前者の建物を建て直すための費用は、人が住んでいようが住んでなかろうが関係ありません。

でも、使っていない空き家だから、もし火災が起きて燃えてしまったとしても建て直す必要はないと思う方もいるでしょう。

確かに、建て直す必要はないかも知れませんが、建物が燃えた後に残った残骸の撤去費用はかかってきます。

また、半焼などの場合は解体費用も積み増しされることになるのです。

 

ただ、市区町村により、火災などで被災した人を救済するために処置が取られている場合もあり、ゴミ処分費用の何割かを行政が負担してくれる場合も多くあります。

これは各エリアにより内容が違ってきますので、役所のホームページなどで確認してみて下さい。

 

人が住んでいないのだから、火災になることもないと考えるのは軽率です。

所有者(家主)負担一切なしで収入が得られる空き家活用不動産が負動産にならない為にでも話しているように、空き家は放火のターゲットとなりやすいことや、空き家は木造が多いこともあり隣近所からの延焼ということも考えられます。

火災の場合は、隣家からの延焼で持家が貰い火で燃えてしまった場合は、補償は火元がしてくれるだろうと考えがちですが、日本の法律では火元に責任を取ってもらうには、火元に重過失がない限り無理です。

ですから、貰い火だとしても補償が受けられないケースがほとんどになりますので、自分で所有している建物は自分で守るというのが基本になります。

 

建物が加入する保険には、火災保険の中にも風災や水災、盗難、水漏れなど色々な災害に対応した保険があります。

盗難や水漏れなどは、人が住んでいないのであれば加入する必要性は低いと言えますが、空き家の中に荷物がある場合は加入しておいても良いでしょう。

また、空き家活用ナビでは、地震保険の加入も強く推奨しています。

 

地震保険の場合は、火災保険の保険金額の30%から50%が限度額となっていますが、地震が原因となった火災に対しては火災保険は適用されませんので、加入は必須と言えます。

火災時と同じように、地震により崩れた建物の廃材処分費用は所有者負担ですし、半壊や一部損壊の場合は解体費用などもプラスとなります。

ですから、火災保険に入るのであれば地震保険もセットで入るのが正しい加入方法と言えるでしょう。

しかし、火災保険の加入上では建物をそれぞれ専用住宅・併用住宅・一般物件に別けられますが、地震保険は一般住宅の場合は加入することができませんので、注意が必要です。

 

専用住宅とは、居住を目的として建てられた建物のことを指しますが、定期的に人が利用しているか、人が住める状態であることが加入の条件となります。

すなわち、活用されているか、今後活用する予定であるということが必要ということになります。

専用住宅は、併用住宅や一般物件と比べて保険料も割安となっています。

 

併用住宅とは、居住と店舗などを併用として建てられた建物のことを指しますが、定期的に利用されることもなく空き家になっている状態の建物だが、利用をしようと思えばすることができる空き家の場合は、これに指定されることがあります。

併用住宅は、専用住宅よりは割高ですが、一般物件よりは割安の保険料となっています。

 

一般物件とは、専用住宅でもなく併用住宅でもない建物です。

店舗専用物件や事務所専用物件などがこれにあたりますが、空き家の場合で痛みが激しく人が住める状態ではない場合はこれに指定されることがあります。

一般物件は、専用住宅と併用住宅に比べて保険料は最も割高になります。

 

空き家は常に爆弾を抱えている

空き家でも保険に加入すべきという理由は、建物の損壊や家財などの盗難などだとお話しをしてきましたが、空き家活用ナビが保険に加入すべき最も重要な理由は以下です。

賠償責任。

この賠償責任が保険に加入するべきであると推奨する理由です。

今までお話しをしてきた保険は所有者自身に対する補償でしたが、これは第三者に対する補償です。

 

考えてみて下さい。

空き家を所有しており長年使っていません。

建物が朽ちてきたり老朽化してきたことにより、屋根の一部が風に飛ばされて敷地前を歩いていた人の頭にぶつかり大怪我をさせてしまいました。

一体いくらの賠償が来ると思いますか?

大怪我ではなく障害が残るような事故になってしまった場合は、賠償はいくらになると思いますか?

数千万円の賠償請求が来ることもあります。

 

そんなお金をあなたはすぐに現金で支払うことはできますか?

普通は出来ないでしょう。

ですから、保険に入るのです。

 

ガン保険、生命保険、医療保険、入院保険、いざとなった時のために皆さん加入されていますよね。

でも、とても大きな爆弾を抱えているにも関わらず、その爆弾を放置している方は多くいるのです。

しかも、その爆弾を管理もせずに撤去もせずに保険にも入らずにです。

 

今までは、何の事故も起きずに来たかも知れません。

しかし、これらの事故は老朽化が進めば進むほど確率が高くなるという性質を持っています。

長期間空き家にしている場合は、確実に確率が高くなっているということです。

そんな爆弾を常に抱えながら、今後も生活して行きますか?

 

この賠償責任をカバーする保険としては、保険会社により名前は違いますが、賠償責任保険や建物所有者賠償保険などと言われています。

基本的には、火災保険などとセットで加入することが多いと思います。

最悪ケース、水災、盗難、水漏れ、地震保険は未加入でも良いとは思いますが、火災保険や賠償保険は建物を所有しているのであれば必須と言えるでしょう。

 

空き家活用ナビでは、空き家などでも加入ができる保険の代理店を紹介することはできますが、ご自身でも保険会社へあたりどういった保険があるのかを把握することも必要だと思われます。

複数の代理店へあたり、所有している空き家の保険として最も適している保険会社への加入をお勧め致します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご注意事項

空き家活用ナビでは【収入云々ではなく空き家を何とかしたい】という家主のためのメディアです。

【空き家を活用して大きく儲けてやりたい】と考えている家主は対象外になりますので、ご注意下さい。

Pick up!

  1. 和室
    今までの記事で多くの空き家があるということは理解していただけていると思いますが、少子高齢化を筆頭とし…
  2. シャッター商店街
    空き家と考えると戸建やマンションなどを思い浮かべてしまいますが、空き家で苦しんでいるのは居住用だけで…
  3. 修善寺
    伊豆の中心部にあたる修善寺温泉と湯ヶ島温泉の観光スポットを巡って来ました。大人は多くの方が温…
  4. 再生後
    空き家活用ナビの母体である株式会社住宅ポイントが所有している築古戸建を現代風に再生してみました。…
  5. 地方の空き家
    全国的に空き家は増加傾向だと言うことは、今までに説明した通りですが、都道府県別に見るとさらに詳しいこ…
PAGE TOP